二〇〇五年 十一月 デンタ日記二〇〇五年 十二月  デンタ日記
十二月三十一日 大晦日。
 今年はいろいろなことがあって盛りだくさんだった。そして今日は大晦日でしなくちゃいけないことがいっぱいある。ハズだが、院長室はなぜかパソコン部品で埋まっている。昨日からはじめた壊れたパソコンの修理にとどまらず、ストックしている部品で新たにパソコンを組み立ててしまうつもりなのだ。ストックしている中古のパソコン部品がちゃんと動くか確認する作業をしている。本業とちがって検査測定器具など持っていないから試行錯誤法で検証するのでとても時間が課かかる。こんなことは長期に休みが取れる今しかできない「楽しみ」なのだ。パソコン部品に埋もれて暮らすのは楽しい。
 私は二十九日ごろからちょっぴり上顎洞炎をおこしてうっすら頭痛がする。だからなおさら他のことはする気が起きないのだ。ジョギングもサボっている。一月八日にはハーフマラソンにエントリーしているのだが、...。

十二月三十日 パソコンが壊れる。
 パソコンをアップグレードしようとして部品交換をしていると意図せずして壊してしまうことがある。想定外の部品を壊した無念さと予想外に時間がかかってしまう焦りも加わり、部品壊しは連鎖を生み保守用にストックしていた部品が次から次に壊れていく。
パソコン修理が終わるまでどれくらい時間がかかるか予想がつかない事態に陥ってしまった。パソコン部品に埋もれて暮らすのは結構すきなのだが、...。

十二月二十九日 今日から休日。
 きょうから休日ですが、院長室の掃除をします。大掃除をしているといろいろなものが出てくる。左の写真もそのひとつだ。ファミリーマートの販促品で未来少年コナンのフィギアだ。結構精巧なつくりだ。コレクターにとっては値打ちのあるものなのだろうか。出てくるものたちにそんなこんな思いをめぐらしているとすぐ時間が過ぎていく。
 そうだ、年賀状も作らなくては。仕事用のパソコン整備とメインテナンスもしなくちゃ。

十二月二十八日 大掃除と忘年会。
 恒例の「大掃除」です。スタッフ全員で診療室の大掃除をします。今年は外壁塗装をした際に窓の清掃もしてもらいました。外回りや窓枠が綺麗な分大掃除が楽になりました。夜は、守谷の「そうざえもん」というフレンチのお店で忘年会をしました。明るい雰囲気のお店で楽しいひと時を過ごしました。今年もあっという間に終わろうとしています。みんな、ご苦労様。

十二月二十七日 火曜日は訪問診療。
 木根淵病院に入院しているOさんの訪問診療しました。Oさんは、はじめに比べるととても元気になりました。酸素補給も必要なくなったようです。現在旧義歯を補修して暫間的に使っていただいています。この義歯を装着して食事ができるようになりました。そろそろ新しい義歯製作にとろかかろうと思います。年明けに旧義歯をつかって機能的咬合圧印象をする予定です。
 写真は、Oさんに義歯の脱着を練習していただいているところです。テストフード(お菓子)を食べていただきました。良好です。

十二月二十六日 Celeron セレロン?。
 今年ももうすぐ終わりですね。暮れは何かと忙しいです。でも健康があっての日々の幸せです。くれぐれも健康に健康に配慮しながら新しい年の準備をしましょう。
 左の写真は、今となっては何世代も前のCeleron(セレロンと読みます)300AというCPUです。CPUは中央演算装置つまりコンピュータそのもの、コンピュータの頭脳ですね。お正月休みの間にこれと手持ちの部品を寄せ集めてパソコンを一台組み立てたいなと思っているのです。私の趣味のひとつがパソコンです。が、私の場合、パソコンを使って何かをするというよりも、パソコン部品をなでまわしている事がすきなのです。

十二月二十五日 電子レンジの故障。
 先日、突然電子レンジが動かなくなりました。日本の有名ブランド「ナショナル」の製品ですが、製造は中国です。昨年、8000円ぐらいで購入したものです。修理を依頼しようと保証書を確認したら、なんと先月で保障期間が過ぎています。保障が切れていると修理には最低でも5000円はかかるでしょうね。分解してみるとコネクタの接触不良が原因で発熱し樹脂部分が解けて外れたのですね。(左写真)。きっと中国人のお姉さんが青いコネクタ差しまちがえたんですね。
 私は、保障期間が終わった家電製品が壊れると必ず分解して中を見ます。自分で修理可能な場合もあるからです。原因特定にはテスターを使って通電を確認するのと目視でハンダが溶けてるとかコンデンサーが膨らんでるとか断線とかの異変を発見します。目視は、かなり重要です。テスターと目視で故障原因を特定できないものは素人には修理不能ですね。さてさて今回は、解けた樹脂を取り除いてコネクタを差し込んで電子レンジは復活しました。なんか、覚悟した修理代がいらなくなって得した気分になったのでかあちゃんと二人で守谷市のフレンチレストラン「そうざえもん」にランチを食べに行きました。コストは、二人分で想定した電子レンジ修理代の約半分でした。とてもリーズナブルな明るい雰囲気のお店でしたよ。お勧めです。

十二月二十四日 クリスマスイブ。
 かあちゃんが、恒例のクリスマスケーキを作っています。毎年、四個ぐらいつくって実家などに届けています。今年は、四っつのデザインで四個作っていますね。十一日に試作していたものに新しいデザインが加わっています。左の写真はそのうちの一つですで我が家の分です。

十二月二十三日 天皇誕生日。
 天皇のお誕生日とはまったく関係ないはなしだが、私はパソコン部品を保守用にストックしている。多くは、秋葉原を散歩したときに程度のよさそうな中古品を購入しておくことが多い。CD-ROMドライブなどは、100~200円で手に入る。しかしパソコン部品の中でも高速駆動部分のあるCD-ROMドライブは消耗品だ。新品を買ってもすぐ壊れることがある。そこで中古品をストックしておいて壊れたら交換するようにしていたのだ。CD-ROMドライブの保守部品在庫がなくなった。でもこれからは、DVDマルチドライブを在庫することにした。中古品なら500円ぐらいで売っているかも。
 十五日の飯島小学校学校保健委員会の時の画像が養護の先生から送られてきた。(左写真)。

十二月二十二日 木曜日。
 木曜日ですが、今日は診療します。Nさんの左下第一小臼歯にメタルボンドが入ります。。

十二月二十一日 治療の練習。
 小さい子どもの治療は、まず彼らの信頼をえられなければ始まらないのです。
 Fクンは、どこかの歯科診療室でもっと小さいときになかば強制的にフッ素化合物塗布をされたようです。私の診療室に来たときには我々をぜんぜん信頼していませんでした。写真は、スタッフがF君と治療の練習をしているところです。三回目でやっと治療椅子に乗ることができました

十二月二十日 ハードデスクとCD-ROMドライブ。
 先日から調子が悪い診療室パソコン、その不具合の元凶はハードデスク(左写真)ではなくてCD-ROMドライブ(右写真)らしい。これを交換したらデータ転送がスムースに行われるようになりました。
 パソコンの不具合の原因を専門の検査計測装置なしに検証するのは時間がかかります。勘と試行錯誤法で部品をチェックしていくからです。でも、原因がわかればとても低コストで修理できます。 このCD-ROMドライブは、秋葉原で200円で買ってきた新品のCD-ROMドライブと交換してパソコン修理が完了です。

十二月十九日 義歯の調整とテストフード。
 義歯の調整にフィットチェッカーを使うことがある。義歯の適合性をチェックするので「フィットチェッカー」ですね。(左側写真) 白い材料が薄いところは、義歯が歯茎に強く当たっているところですね。義歯の微調整が終わったらテストフードを食べていただいてうまく噛めることをチェックします。診療台の上にせんべいがおいてあります。(右側写真) 噛めない義歯は、義歯ですか。

十二月十八日 ハードデスク。
 今日は休診日です。朝からすごい風が吹いています。天気予報では等圧線が立て込んでいます。いつもの五キロのジョギングコースを少し負荷をかけて走りました。写真は四キロ地点です。道路の奥に筑波山が見えます。背中には(真後ろには)富士山が見えます。五キロのジョギングコースでお気に入りの地点です。
 最近、診療室のパソコンの調子がなんか変です。うまく起動しなかったり、フリーズしたり、システムバックアップ中にフリーズしてしまうのでバックアップが採れません。ハードデスクの不具合ではないかと思ってるのです。つくばのララガーデンとなりにある「PC工房」でハードデスクを1本買ってきました。思えばハードデスクも安くなったもんだ。私が1990年ごろに初めて買ったハードデスクは容量が10メガバイトで20万円だった。今は容量が400倍で価格は、40分の1だ。

十二月十七日 ツーピースのブリッジ。
 今日は、Kさんにツーピースのブリッジを装着しました。
 智歯(おやしらず)は多くの場合歯茎から出ている面積が他の臼歯に比べ小さいのです。また智歯は歯軸が傾斜していることが多いのです。写真は、左下第一大臼歯と智歯を橋桁にしたブリッジです。ブリッジの中間に鍵と鍵穴を設けてツーピースにしてあります。第一大臼歯より智歯の方が、被覆面積が小さいので冠が外れやすいからです。外れたときにリカバリーしやすいようにツーピースにしてあるのです。

十二月十六日 金曜日。
 今日は金曜日ですが、老健きねぶちさんに訪問診療です。Kさん、Sさんの新しい義歯が入ってから四日目です。具合がよさそうですが、微調整のあとテストフードを食べていただきました。Sさんは、もう大丈夫そうなので終了にしました。Kさんは、微調整後テストフードをうまく食べることができたのですが、私がなんとなく不安を感じたので次週にもう一度チェックすることにしました。義歯の調整には、勘も必要なのです。

十二月十五日 飯島小学校学校保健委員会。
 今日は休診日です。早朝、岩井医療センターで胃がん検診を受けました。寒かったです。バリュウムを飲むのは苦になりませんが、排泄するのはつらいですね。水をいっぱい飲むようにしていましたが、今日一日なんとなく体表が乾いたような感じでなんとなく脱水状態です。検診から帰って朝食を済ませた後にジョギングに出かけました。が、調子悪い、三キロ走って終わりにしました。
 午後三時から飯島小学校学校保健委員会に衛生士中山とともに出席しました。学校における年間の保健活動の報告や、子どもの低体温についての研究報告、討議などが行われました。この会合は、学校の先生方、父兄保護者の方と懇談できる数少ない機会でありとても有意義なことです。
 夜は、坂東市歯科医師会の忘年会があり久しぶりにほかの歯科医の先生方と懇談できました。三つのイベントがあり有意義な時間をすごせた休診日でした。

十二月十四日 スタッフ会議と坂東市学校保健研究発表会。
 今日は、月に一度のスタッフ会議の日です。午前11時から2時間ほど会議をしました。
 私は飯島小学校の学校歯科医をしています。学校歯科医はみな専門職として学校保健会の会員です。午後1時30分から学校保健会研究発表会が坂東市岩井の図書館視聴覚室で開催されました。会場は私の診療所から400メートルのところです。私は、診療を一時休んで出席しました。研究発表は神大実小学校養護教諭石塚純子先生「健康的な生活習慣の定着をめざした取り組み」と猿島中学校養護教諭の「集団不適応生徒の支援の在り方」の二題です。講演は筑波大学大学院助教授松崎一葉先生の「現代思春期メンタルヘルス問題発生のメカニズムと対策」でした。他校の学校保健の取り組みを知ることができ、講演は私のメンタルヘルスに関する知識をうまく整理してくれるような内容で聞き終わったあとすっきりさわやかな感じになりました。

十二月十三日 火月曜日。
 今日は木根淵病院に入院しているOさんの訪問診療の日です。車椅子に移乗していただいて診療しました。上下の義歯床(ぎししょう:義歯の基盤となる部分)を改造して適合性を良くします。上下義歯がうまくかみ合うように噛む面を調整します。さらにテッシュコンデショナーを入れて義歯を安定させます。そのあとテストフードがうまく噛めることを確認しました。ご自身で義歯の出し入れができるかどうか確認することが重要です。下顎は可能ですが上顎は難しいので看護師の方に義歯の出し入れの介助をお願いして今日の診療を終わりにしました。

十二月十二日 月曜日。
 今日は、月曜日ですが、老健きねぶちさんに訪問診療です。Kさん、Sさんの新しい義歯がはいりました。テストフードを試していただきました。うまく噛めます。良好ですね。 義歯に名前が入ってます。(右側写真) スタッフが義歯の清掃方法や取り扱いなどを説明している。(左側写真) これで終わりになるわけではありません。必ず義歯があたって痛いところが出てきます。あと数回は微調整をしなければいけないでしょう。

十二月十一日 日曜日。
 今日は、日曜日で休診日です。私は研修会のため水戸に出張です。5キロジョギングしてから出かけました。
 かあちゃんは、ケーキの試作品を作っています。左側写真はクリームとりんごジャムのデコレーションです。右側三枚はチョコレートクリームのデコレーションの三つのステップを撮影しました。

十二月十日 土曜日、チリも積もれば。
 今朝は、2キロコースののジョギングです。2キロ走ると体が温まります。ところで、一般的に不用品は、ゴミとして処分するのでしょうか。
 私の家の中に使われていない英和辞典があった。記念品か景品としてうちにやって来たに違いない。新品だが、これからも使われることはなさそうだ。ゴミとして出すのも忍びない。かといってうちにあっても無用のものだ。こんな不用品はヤフーオークションで売り払うことにしている。もちろん落札価格は100円以下だろう。だが、この辞書が不要な者から必要としている人に渡れば究極のリサイクルとなる。私にとってネットオークションは究極のリサイクルシステムだ。
 ここ一年半の間にうちで不要になったものをネットオークションで処分して得たお金で、最近液晶テレビを買った。チリも積もれば液晶テレビになる。

十二月九日 二時間走。
 今日は金曜日ですが、振り替えて休診にしました。簡単な健康診断を受けるためです。午前中は、健康診断のため守谷にでかけました。午後は、かみさんと二時間走(約20キロ)をしましたよ。水海道と坂東市の境まで行って折り返してきました。折り返し点で筑波山を撮影しました。

十二月八日 前装金属冠の脱離と歯根の一部破折。
 Kさんの左上犬歯の歯根の一部が折れて被せてあった前装金属冠がはずれました。金属冠と歯根の間が虫歯になって緩んでいたところに大きな力がかかったのでしょう。レントゲン写真(左写真)をみると深部までは虫歯の進行はなく歯根も折れていないようです。歯根に差し込む支台という金属部品を作ってから被せる前装金属冠を作りなおします。前装金属冠というのは金属冠の前面に樹脂材料や陶材料を装着して歯の色と形をつくるものです。今日は本来は休診日ですが、明日と振り替えて診療しました。

十二月七日 水曜日には訪問歯科診療。
 毎週水曜日は、老健きねぶちさんに訪問診療をします。今日はKさんとSさんの蝋義歯(左写真)を試適をしました。みなさん、あたらしい義歯が入ると笑顔が違いますね。(中の写真)きょうからあたらしい患者さんがひとり加わりました。(右写真)。

十二月六日 義歯修理。
 Oさんは私の診療所から300メートルのところに住んでいます。かなりご高齢ですが、ゆっくり歩いて治療に通ってこられます。Oさんは上顎は総義歯です。下顎は部分義歯です。数年前に一度修理をしました。上下とも十年以上前から使っているとてもOさんになじんだ義歯です。が、最近右下の歯が一本、歯周病が進んで自然に脱落してしまいました。そこでまた下顎の義歯を修理しました。上顎の総義歯は具合がよかったのでそのままにしました。修理するために義歯を丸一日預からなければなりませんが、よくなじんだ義歯は、修理して使ったほうが新しく作った義歯より具合が良い事が多いのです。
 昨日朝に預かったOさんの義歯の修理が出来上がりました。装着していただいてテストフードを試しに食べていただきました。(写真)大成功ですね。

十二月五日 二歳児歯科検診。
 今日は、坂東市岩井医療センターで午後一時半から二歳児歯科検診がありました。旧猿島町の事業であった二歳児歯科検診が、坂東市に引き継がれたのです。この二歳児検診は、歯科衛生士による講話(左写真)と歯科医による検診、衛生士による「歯垢染め出し」と「仕上げ歯磨き」指導、フッ素化合物の歯面塗布で構成されています。

十二月四日 笠間シテイーマラソン。
 九時十五分までに受付を済ませなければいけないので朝早く家を出ました。でも、10キロコースのスタートは十時五十五分です。待ってる間に寒くなるし腹が減ってまいりました。バナナやコーンスープのフードサービスがはじまってほっとしました。スタート三十分前からウォーミングアップをはじめました。スタート直前に恒例の記念写真を撮影しました。うわさには聞いていましたが、上り坂、下り坂の多いコースです。膝にトラブルを抱えるかあちゃんには辛いコースかもしれません。私は、のぼり、くだり、へいちで走行フォームを変化させてうまく走れましたね。自己ベストを更新しました。10キロコースで初めて49分台を記録しました。

十二月三日 無茶茶園のみかん。
 今年はみかんが豊作だそうです。いつも購入している無茶茶園http:www.muchachaen.comのみかんですが、とっても味が濃くうんまいうえに今年は重量二割増で梱包して来ます。すごく得した気分です。
 十二月の夕暮れは早い。あっというまに日が暮れてしまいますね。明日はレースです。が、寒そうだ。山添では雪が降るかもしれない。

十二月二日 第二大臼歯の分割。
 下顎の第二大臼歯は、前後に二本の歯根を持っています。そのうちの一本がトラブルになったので大臼歯を二つに分割し半分だけ抜きました。残った半分と第一大臼歯の間にブリッジを作りました。(写真)
 全部残ればそれが良いのですが、治療しても良くなる可能性がない破折した歯根などは抜かざるをえません。

十二月一日 水戸出張。
 今日は休診日ですが、茨城県歯科医師会学校歯科委員会の会議があって県庁隣の茨城県開発公社ビルに出張です。

  二〇〇五年 十二月 デンタ日記 go to top 
    オフィッス 「デンタ・デンタリス」 のウエッブサイト
    "Denta・Dentalis" is the website of OFFICE Denta Dentalis at Iwai Bandou City Ibaraki Prefecture Japan.
Tatsuya Kimura release this page. Since Mon 05 Oct 1998. All Rights Reserved.